80

お客様とのコミュニケーションの要、商品やサービスに圧倒的な優位性を作ることが難しくなった市場において

どこでお客様に選んでいただけるか、それは物語と体験です。

なぜこの商品を売るのか、なぜ私たちから買うのか、どこに価値があるのか、誰のためのサービスなのか、開発までのストーリー、失敗談など、御社にしかない物語を記載し共感や信頼感、親しみを感じてもらう。

それだけでなく、御社との接点を心地の良いものにする必要があります、おもてなしの心や気配りを感じる宿泊施設は往往にして高単価であるように活字や写真、動画のみで構成されるホームページにおいても、お客様に心地の良い空間を設計する必要があります。

UI(ユーザーインターフェイス)文字の配置、ボタンの位置、文言による促しなどお客様が自ら、自然にサイト内を回遊し、取って欲しい行動を取りやすくする設計をし、それを通してUX(ユーザーエクスペリエンス)お客様により心地よい体験を提供することで、他社と比較されにくい状況を作ることができます。

また、こちらからお客様に有益な情報や体験を提供することで選択肢の中の一つというポジションから「買うならここにしよう、ここで買おう」という独占的な状況を作り出すことができます。

なぜなら、人には頂いたものにお返しをしなきゃいけないという意識(返報性の法則)が働くからです、例えばウィンナーが欲しいタイミングで、試食コーナーでウィンナーをいただく、他にも沢山のウィンナーがあるのに選択することなくこの試食コーナーで販売されるウィンナーを選びます。

それは、頂いたものへの返報性の法則が働くことが関わっています。

その他、セールスに特化したライティングを用いたランディングページ(購買や個人情報登録を目的とした1枚完結型のホームページ)

分析ツールを介した継続的な集客コンサルティングなど、現実世界の営業活動同様に真剣に取り組むことで、売り上げや企業の発展に貢献できます。

企画費用:全体合計金額の30%

セールスライティング:60,000(1ページ)

TOPページ:80,000

サブページ:60,000

スマホ対応:30,000(1ページ)

月間ドメインサーバー管理:5,500

月間ドメインサーバー管理(EC):23,000

Web分析修繕共同運用:160,000(2週1回の戦略会議-Web分析、改善提案施作-Blog更新2回バナー変更2回、文言修繕2回)

Web広告共同運用:40,000(広告投下費用は別途)

SNS広告共同運用:40,000(広告投下費用は別途)

スチル写真:60,000〜

注意点(デメリット)

・施作や戦術のないままTVCMを用いてはいけません。WEBやDMなど、有益なコミュニケーションの場を用意できないまま認知度をあげても、見込み客にするまでのコストが上がりすぎます。

・自社がいくら儲かるためにいくらまでなら広告予算として投下できるかを逆算してご判断ください

・施作がないままの制作は浪費です

〒904-0302 沖縄県中頭郡読谷村喜名369-1

​グレイス・ワン 201

Tel 098-953-2728

TENOHIRA(テノヒラ)のロゴ

© 2020 TENOHIRA